子どもたちに豊かな学びと温かなつながりを 教職員に尊厳ある教育労働を

子どもたちに豊かな学びと温かなつながりを 教職員に尊厳ある教育労働を
 本日7月4日、石川県教職員組合が第164回の定期大会を開いた。新型コロナ感染防止対策で、代議員の人数を絞っての特別対応となった。私は、石川県民主教育政治連盟を代表し、この一年の活動を報告した。
    新型コロナウィルスは、基礎疾患を直撃する。日本の教育では、経済開発協力機構(OECD)加盟国37か国中の最下位を更新するなど教育予算の脆弱さが基礎疾患だ。
 教え子を再び戦場に送るな
 子どもたちに豊かな学びと温かなつながりを
 教職員に尊厳ある教育労働を
 「社会は自分たちで変えられる」
 この世界観を子どもたちと共有すべく、困難な中ではあるが、教職員の皆さんには共に奮闘していただきたいと切望する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA